牛と子供の真剣勝負。

お手伝いをする娘。

IMG_7297

こういった生活がしたくて僕は農業を職業に選んだ。

ワラを運ぶ娘とそれを見る牛たち。
とても微笑ましい写真だが、実際は少し違う。

実は牛たちは「隙あらばこのワラを食べてやろう」と首を伸ばして狙っているのだ。
首を伸ばし、舌を伸ばし、1本でもワラを舌に絡めようものならもう牛の勝ち。
一気に全てを持っていかれる。

牛の顎と首の力はものすごい。
なんたって生えている草を引きちぎるのだから、子供の持っているワラなんて簡単なもの。
僕でも負けるもん。

だからこれは牛と娘との真剣勝負なのだ。
IMG_7285

IMG_7286

IMG_7287

IMG_7288

IMG_7290

IMG_7291

IMG_7294

IMG_7295

このあとワラごと引き倒されて泣いた娘でした。。。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。