但馬家畜市場 2015年12月子牛市

昨日は2015年最後の子牛市でした。

先月の11月子牛市が前代未聞の去勢平均100万円を超える市場だったことや、久しぶりの400頭近い出品で朝から市場には活気が溢れていました。
(先月の子牛市場ブログは「こちら」)
IMG_0684

我が家からは雌5頭の出品。
朝から念入りに最後の手入れをします。
IMG_0703

この子は三重県で特産松阪牛となるために。
IMG_0712

この子は宮崎県で繁殖牛に。
IMG_0716

この子も地元で繁殖用として。
IMG_0730

残りの2頭もいつも雌を買ってくださる県内の肥育農家さん、松阪の和田金さんにそれぞれ嫁いでいきました。

市場平均です。
雌187頭 最高1,911,600円 最低405,000円 平均833,956円 前年同期比124,686円 先月より-21,375円
去勢204頭 最高1,265,760円 最低223,560円 平均903,325円 前年同期比102,680円 先月より-135,111円
でした。

IMG_0753

我が家も5頭合わせて平均価格はいただけたので、販売価格にはなんの不満もありません。
また、市場も先月から下がったといえどもまだまだ高いことに違いありません。

しかし、僕が今月の市場に行き一番感じたのは「やっぱり市場に安定なんてないな」ってことでした。
子牛価格は枝肉相場にすぐに左右されます。
また、小さな市場では大手の購買者の方針一つで平均の10万円くらいはすぐに変動してしまいます。
種付けから牛市までの約1年半、牛と向き合い、事故にも向き合い、ひたすら健康に注意し、ようやく自信を持って出せる牛ができたとしても、セリである以上はその時の市場に丸投げするしかないのです。

僕も今後しばらくは大きな値下がりはないと見ています。
でもこの時期に大きな差が生まれ、残る農家と去っていく農家に分かれていくのだと思っています。

だからこそ今やれることをやらなきゃね。
個人経営内でも、地域の牛飼いとしても、まだまだやれることはあるから。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。