新規就農と住宅

13年前、僕が牛飼いを始めた時に住んでいた家。
近くに来る用事があったので久しぶりに訪れた。

丸味の家

汲み取り便所だったり、雪が吹き込んできたり、鍵が無くて家に入り放題だったり、テレビが映らなかったり、風呂が凍ったり、玄関開けたら熊がいたりしたけど、いい思い出しかないんだよね。
1軒家に一人で住んでたけど、寂しくなんてなかった。
だって牛飼い始めたばかりで無我夢中だったから。
住むところがしっかりあったからこそ無我夢中になれた。

今は牛舎を建てて住まいも移転したけれど、ここは田中畜産の原点だと思う。
この家が無ければ今の僕は無かった。

新規就農での住宅確保は必須。
空き家は多いけど、それを使える体制はまだまだ課題だらけ。
だけど、そこに力を注ぐほどまだ僕には余裕が無い。

だから偉そうなことは言えない。
ただこの家が残っていることがとても嬉しいってことです。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。