消費者は全然わかってない?

こんばんは。
田中畜産の田中一馬です。

さっき、フェイスブックで、ある動物保護団体の投稿を見ました。

豚がいかに残酷に飼われているか、ということが書かれています。

例えば最近の投稿では、
『さくらは私たちがと殺場で出会った豚です。
2016年の冬、さくらは肛門から腸が飛び出させ、血だらけで、トラックの荷台に乗せ­られてやってきました。
さくらはこれまで、一生のほとんどの時間を、狭い妊娠ストールの中で過ごしてきました­。
方向転換もできず、ほかの豚と触れ合うこともできず、ただ子供を産むために生かされて­きました。
彼女がようやくこの狭い妊娠ストールから出ることができた日が、直腸脱のためにと殺さ­れる日でした。
寒い雪の降る日、治療のためではなく「処分」されるために、さくらはトラックに乗せら­れました。
激しく揺れるトラックの中で、飛び出した直腸が荷台のあちこちにぶつかり、血だらけに­なりながら激しい痛みにさくらは耐えました。ようやくトラックが止まり、と殺場に到着­し、自分の血の臭いとは違う仲間の血の臭いをかいだ時、彼女は自分が殺されることに気­が付きました。
ほかの豚たちの臓物や皮を運ぶフォークリフトが行き交う場内で、彼女は自分の番を待ち­ました。そして作業員に蹴られながらトラックから降ろされ、建物の奥へ押しやられ、私­たちの視界からさくらは消えました。
最後の最後まで、彼女が命あるものとして扱われることはありませんでした。
私たちは、さくらのような一生を、もう誰にも味わわせたくありません。
苦痛と悲しみと暴力に、ただじっと耐えるだけの姿をもう見たくありません。』
(以上フェイスブックページから抜粋)

畜産農家であれば「うんうんそうだね」とは絶対思わない。
反論したくなる。
もしくは異端者として鼻で笑って見下す。
あ、ぼくがこんなでした。
だけどそんな事しても、な~んにも変わんないわけ。

こういうのを見るたびに、批判ではなく、いかに僕ら畜産農家が情報発信をしていないかっていつも思います。
僕も2006年からブログを書いていますが、全然力不足。
情報過多の時代、畜産農家も発信していくことは必須だと思います。
動物愛護団体に「こいつアホや」ということは簡単ですが、こういった考えが畜産農家の発する情報以上に力のあることは事実ですよね。

田中畜産のFBページはイイね900人、シェア頂ける記事は多い時で5件。
牧場のFBページとしてはそこそこ情報発信している方だと思います。

しかし、この愛護団体のページにイイねしている人は7000人以上、この記事のシェアは195件です。

別に対抗する必要も7000人を目指す必要も全くないと思います。

でも、わかる人だけわかればいいってどうなんだろ?
確かにそうなんだけど、そういう姿勢は結局こういった差が出るだけだと思う。

情報発信は必須。
それぞれの農家が真剣に発信していけば、畜産に対する評価は歪み無くまっとうな形になっていくと思う。

だって、僕ら牛に毎日向き合って牛に人生かけている人間の言葉が、外野からの畜産批評に負けるわけないじゃない。
魂こもってんだから。

「消費者は全然わかってない。」
それって半分以上自分に原因があるって僕は思う。

僕らが当たり前に思っていること、面白いと思うマニアックなこと、嬉しかったこと、悔しかったこと、なんでもいい。
もっと発信しよう。
届くから。

12573951_10204135987714691_207028065227618123_n

(ちなみに、情報発信は宣伝じゃないからね。)


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。

コメント

  1. 今野茂樹 より:

    こんにちは、ブログを読ませていただきました。
    私はコメ農家ですが、お気持ちはよく分かります。そこで田中さんがどう反論されたいのがお話しを伺ってみたいと思いました。

    実は私も、30人くらい集まった消費者との集会で似たようなことがありました。
    「よく農家は、自家用野菜には農薬を使わないが、売り物には農薬を沢山使うと聞くが、本当か」といった質問を受けたのです。
    こういった「農家に対する不信の声」は以前にも度々耳にしていましたから、私は次のように答えました。
    「理由は二つあると思います。一つは、自分で食べる野菜は見た目を気にしなくていいが、商品として販売するには一定の規格を満たさないと流通に載らないこと、もう一つは、コメの検査制度のように制度や政策が農薬使用を助長していることだと思う」
    幸い、参加者からは説明に納得の表情が伺えました。

    コメの検査では、「着色粒(斑点米)」の混入率を0.1%とする規定があって、この規定をクリアするために、コメ農家は毎年、田んぼに大量の殺虫剤を散布しています。
    着色粒は精米段階で容易に除去できるにも関わらずです。
    この規定が作られたのも「消費者の声」と言われています。

    仰るように、農家からの情報発信が不足しているため実態が見えなくなり、理不尽なことにつながってる可能性もあるでしょう。きちんとした「情報発信」は生産者、消費者の双方にとって必要だと思います。

    • 田中 一馬 tanatiku より:

      今野茂樹さん
      コメントありがとうございます!!
      僕は毎日家畜に触れていない人が、動物の気持ちなんてわかるのってとこに一番違和感を持ちました。
      僕らでも生活がかかっているので、わからないながらわかろうと毎日牛の微妙な変化に気を使っています。
      それでも牛の気持ちなんてわからない。
      そういった思いがあるから、簡単に残酷なんて自分の主観で代弁して欲しくないな~って思ったりします。
      農家であっても発信する事実は違います。
      だからこそ本当に自分が納得する言葉で自分の意見として届けることが必要となっている気がします。
      信頼できる個人が増えることで結果として業界の情報に歪みはなくなってくると思います。

      • 今野茂樹 より:

        そもそも、食肉用に育てた動物(家畜)を”さくら”といった名前で呼んで擬人化し、屠殺業者や生産者のみが加害者であるように主張することに対し、強い違和感を持ちます。
        もし「加害者」がいるとすれば、消費者を含む「食肉指向」ではないでしょうか。

  2. yusei より:

    お疲れ様です。
    度々、家畜に対してどこで線を引くかを考えてしまうことがあります。
    まだ畜産農家として駆け出しなので、、こういった話に自分自身 の明確な考えを見出せていませんが、とても勉強になりました。
    ブログ、僕も書きます(笑

    • 田中 一馬 tanatiku より:

      yuseiさん
      コメントありがとうございます!!
      どこに線を引いても正解はないと思うので、思われること感じたことをどんどん発信して頂ければ個々の意見は違えども畜産に対する歪みはなくなってくるって思っています。
      ブログ楽しみです!!
      作ったらコメント欄ででも教えてくださいね!!!
      頑張ってください!!!!

  3. 宮田 修 より:

    クジラ・イルカそして、豚まで批判ですか~(ーー;)。
    ベジタリアンだかなんだか知りませんが、フランス・イギリスじゃあラクダまで喰ってる。
    そんな肉食人種が、なぜ急に言い出すのか理解できません。
    イヌイットのアザラシ・トナカイは、どうなんだろう?。
    身勝手な論調に、あきれます。
    品川に生まれ、とさつ場で遊んだおいらにとっては大昔のとさつ法を何処で見たのかと問い詰めたい。
    今は、電気なのに。

    これからもお仕事、頑張って美味しいお肉作ったください!!。

    • 田中 一馬 tanatiku より:

      宮田さん
      主張のためにいろんな解釈を用いる。
      これって普通のことだと思います。
      その解釈が本心から納得しているものであれば、まだお互いに話しあえると思います。
      しかし、主張するために違和感を感じつつも発している解釈は話合う余地なんてありません。
      相手がこちらの言い分を理解したとしても、主張は変わらないからです。
      実際のところはよくわかりませんが僕はそういったケースは多いって思っています。
      だから最初から話し合いはしません。
      淡々と自分が違和感を感じない言葉で発する力を信じています。
      これからも牛飼いにお肉に頑張ります!
      ありがとうございます!!

  4. ウド より:

    初めまして。フェイスブックから飛んで来ました。アニマルライツの方も家畜を育てるにしてもストレスフリーで愛情を持ってと言う意見をしめしています。http://wotopi.jp/archives/2937 こちらがソースです。
    田中さんの言う反論とはどういう主張ですか?自分は動物たちが残酷な扱いを受けていると知り肉を絶った1人です。妊娠ストールはデマと言う事ですか?自分は愛護団体だけの意見を聞いて盲目になりたくないので是非田中さんの様な方の主張も心に止めときたくコメントさせていただきました。もし宜しければお聞かせ下さい。失礼します。

    • 田中 一馬 tanatiku より:

      ウドさん
      はじめまして。
      僕の意見はシンプルです。
      豚の気持ちなんてわかるの?ってことです。
      僕らも毎日牛の機嫌を見て牛飼いしています。
      それでも分かりません。
      分かろうとし続ける日々です。
      僕は自分の牛が幸せかどうか知りませんが、幸せであってほしいと牛飼いをしています。
      人間が動物の気持ちを代弁すること自体に意図を感じますし、違和感があります。
      例えば放牧をすれば牛舎に繋がれている牛に比べ牛は幸せだという考えはあります。
      だけど、放牧場に出すことがストレスで餌の消化率が落ち、流産するケースもあります。
      そういった僕らにとっては当たり前な話を畜産農家が発信していくことで「え、そうなの?」っていう視点を提供していこうとブログを書いています。
      今回は残酷の定義って本当に動物の視点なのかな?発信する人間の主観と動物の主観を混合しちゃ、発信する人間の主観に流されちゃうよってことが言いたかったのもあります。

  5. ウド より:

    早速のお返事ありがとうございます。確かにいつも思うのはああいう動画などは事実を発信すれば良いのであって自身の感情や思想を付け足すのは如何なもんかと思っています。そして放牧で流産は知りませんでした。
    これからも偏った情報に惑わされず自問自答し続けたいと思います。
    貴重な意見ありがとうございました!これからも度々覗かせていただきます!

    • 田中 一馬 tanatiku より:

      ウドさん
      僕も放牧が好きでやっていますが、冬近くになると草も少なく寒くなるので「かわいそうなことするな!」と同じ牛飼いの方から言われます。
      僕はそこでしっかりと生きていける牛を残しているのですが、僕も含め、かわいそうやいいことは各々の主観だなって思うんです。
      今後とも見ていただければうれしいです。

  6. りん より:

    確かに、自分達の発信不足なんでしょうね。
    牛は必ず群れのなかで順番をつけます、したの牛は餌は食えずガリガリになり死んでしまうこともありますが、自然淘汰される牛なのでしょう。畜産農家はそこをしっかり救い上げます。
    群れに馴染めない牛は1頭だけにして隔離してあげたりもします。
    ただ、それは発信しなければ畜産農家以外の方はわかるはずないてますもんね。

    自然界で餌や水がなく餓死したりいきなり肉食動物に襲われ生きたままきひちぎられるのは残酷ではない?

    実際畜産農家になって育てたことない人には分からない!
    ではなく、自分達のしている事を少しでも分かって貰えるように発信しないといけませんね。
    自分も発信して行こうと思います。

    • 田中 一馬 tanatiku より:

      りんさん
      発信楽しみにしていますね。
      ブログ作るのなら見に行きますので教えてくださいね。
      残酷の定義はいろいろあって当たり前、僕らの感じ方も正解とかではないと思います。
      だけどいろいろあるからこそ、一番身近な場所にいる牛飼いの声をその中に入れてなくてはいけない。
      そうすることで事実からかけ離れてしまうのを防げると思っています。

  7. ゆうり より:

    ちゃんと想いは届いています。ありがとうございます。
    忘れられないこんな言葉を聞いたことがあります。

    ≪僕にとって牛を飼うこととは、「生きること」そのものなんだ≫

    この言葉は、チベット出身の先輩から聞きました。
    彼の家の周りにはいつも牛がいて、小さい頃からそれが≪当たり前≫の暮らしだったそうです。

    動物愛護団体の方は、豚や牛、鶏に囲まれたライフスタイルを送っていないか、
    牛や馬と一緒に人生を送り、時を重ねてきた人とお話ししたことがないのではないでしょうか?

    「と殺」という一場面だけを切り取って、「かわいそう」というのは
    牛や豚が買われている全体の風景を見ようともしないで、ショッキングな一場面だけを切り取っているように感じます。

    私は牛を飼ったことがありません。
    しかし、牛を共に人生を歩んできて、牛と共に時を重ねてきた人に会えたことは
    人生の財産だと思っています。

    牛を飼うこととは、「生きること」そのものなんだよ。
    人生そのものなんだ、と語るチベットの先輩の笑顔は、とっても素敵でした。
    私は、牛と共に歩んでいる人たちを心から尊敬しています。

    • 田中 一馬 tanatiku より:

      ゆうりさん
      ありがとうございます!
      例えば「かわいそうな動物を助けることに正義を感じ、生きがいになっている方」には僕らが発する言葉は届かないと持っています。
      言えば言うほど生きがいを邪魔する人でしかないからです。
      また、僕らの発する言葉も主観が多くを占めます。
      主観同士の対立に終わりは無いので、ただ「牛の近くにいる人はこんなことを考えているんだよ」ってのが見えればいいと思って書いています。
      届いているって言っていただき嬉しかったです。
      チベットにもいつか行ってみたいんですよね!
      でも、牛飼ってると無理ですね~。。。
      素敵なお話をありがとうございます!!!

  8. ゆうり より:

    私は昨日まで田中畜産のことを知りませんでした。
    でも、今日はこうしてブログを通じて、お話ししています。
    田中さんが発信してたからこそ、1消費者である私にも想いが届いたと思うんです。

    意見を発信するということは、時にリスクを伴います。
    でも、必ずしもリスクばかりではなく、良いこともあるはずなんです。

    真っ向から主張が対立した時の「なんでやねん」という想いや「なんでわかってくれへんねん」と口惜しさがチャラになるような、「あ、(牛のことを)わかってもらえた」というワクワクやほっこりした想いを田中様が1つでも多く体験できますように!

    • 田中 一馬 田中 一馬 より:

      ゆうりさん
      コメントありがとうございます。
      発信し続けていきますね!!!
      人に意見を押し付けることはできませんが、発信することなら僕でもできます。
      その言葉が誰かの力になれば嬉しいです。
      いろんな意見もみんなまとめて受け止めたいと思います。

  9. さぶろ より:

    はじめまして
    養豚業界に携わるものですが、動物保護団体の方たちの言うことも
    そうだねとわかる一人です

    情報の発信は必要で、今まで発信してこなかった畜産農家さんの心情は察しますが、いずれにしろそれは的確なものでなければいけません
    大多数を占める消費者の方々が様々な関心を持てる発信をしていきたいものですね

    さすればきっとよい落とし所が見つかり、理解してもらえると、信じています。

  10. 岡 弘 より:

    お肉が大好きで食べていた者です。最近、畜産環境やと殺現場の画像や動画がネットなどのメディアで出回っています。わたしもふと目にしてしまったのですが、それ以来お肉を食べることがまったくできなくなりました。。。 困ったな、お肉食べれない どうしようかな と思い、こちらの記事を読ませていただきました。

    田中一馬様の書かれた上記の記事によると
    「僕は毎日家畜に触れていない人が、動物の気持ちなんてわかるのってとこに一番違和感を持ちました。
    僕らでも生活がかかっているので、わからないながらわかろうと毎日牛の微妙な変化に気を使っています。
    それでも牛の気持ちなんてわからない。
    そういった思いがあるから、簡単に残酷なんて自分の主観で代弁して欲しくないな~って思ったりします。」とありますが、

    人間でも他人の気持ちは、わからないと思うのです。でも人間のゴールデンルール「自分がされたらイヤなことは他人にするのはやめましょう」というものがあり、それに当てはめ、「自分だったら・・」と推測する。自分がされてイヤなことは他人にしない。これは学校教育でも学んでいます。全世界共通です。「もし自分が牛だったら・・」と、どうしても想像してしまうわけです。想像できない人は、サイコパスです。「相手の気持ちなんてわからない。微妙な変化にも神経をとがらせてわかろうとする。でも、わからない」。だからこそ、ゴールデンルールを活用すると思うのです。だから、食べることが、できなくなったんです。。。

  11. あんじぇら より:

    消費者の一人です。 動物大好きです。野菜好きですが肉も食べます。
    乗馬界には長く居ます。
    馬の生態ならわかります。
    犬の生態ならわかります。

    動物の気持ちがわかるわからないは、言葉による誤解が生じていて、本当の争点ではないと思います。 生き物は種別が違えばそれぞれ生態や本能が違います。 生態に反しなくて、本能行動が満たされている飼われ方をされてる動物は、ある程度幸せだと思います。

    動物愛護団体さんも、究極的には肉食が無くなれば良いと主張していても、段階的な主張としては、まずは、経済的なコストと衛生管理の為だからと人間が管理が楽という飼い方では無くて、手間がかかってもせめて、種別の生態に合った飼い方をしてくださいと言っているのだと、私は解釈しています。

    あと、私が個人的に消費者としては思うのは、出来れば畜産農家の方が丹精込めて育てた牛が、売れて その後はどうなったのかわからないでは無くて、追跡できるシステムがあるといいと思います。 すでにもう有りますか?

    私はスーパーで、高級な肉が売れ残っていると、心が痛みます。 大事に育ててもらった命なら、全身 食べてあげて、ありがとうと言えたらいいのに、いったい 本当は、屠殺されたあと、解体されたあと、実際にはどのくらいの%の部位が消費者に、美味しいねって言ってもらえてるのでしようか?

    少子化の時代、飽食の時代です。
    出来れば、屠殺された命が そのまま ゴミ箱に捨てられてしまう様なバランス悪い事にならない様に、畜産農家方にも 頑張っていただきたいです。

    そして、消費者も、勉強して、賢くならないといけないと思います。
    安い方が良いと安いものばかり買うから、生産者の方の苦労が報われないのですから。

    これからの時代、手間暇かけても、それが安全で美味しい理由なんだとわかれば、日本人は買うと思います。

    イルカ肉も鯨肉も スーパーで 売れ残ってます。 食べたいという日本人は減ってきてるでしょう。

    日本人が、仮に、動物愛護団体の主張に同調して、全員 ベジタリアンに変わったら、、、肉を食べたいという人がいなくなるので、、、売れ残ります。
    産業としては成り立たなくなりますね。

    地球上の食べ物バランスを考えてゆく時代に差し掛かっていると思われます。 大量生産、大量漁獲、大量廃棄は、良くないと思います。 地球の生態系の中でのバランスを消費者側も見つけて行かないといけないでしょうね。

    という事で、私は、まずは、加工食品は ほとんど食べませんし、買いません。 健康に悪そう。
    ファミレスでは、どんなお肉を使っているのかわかりにくくて、国産牛しか安心して選べません。 ハンバーグなんて、何が混ざってるかわかりませんし。

    豚でも産地名のある物を選びます。
    ハムやソーセージなどなども、よーく材料を読んで、買うのはたまにです。

    肉類や乳製品を食べないと、体の調子が良いのは、私の体質の場合は事実です。 でも時々食べたくなります。 なので、そんな時は高価でも 安全で美味しい物を買います。

    畜産農家の方、米農家の方、日本の生産者の方々には輸入品に負けて欲しくないです。 頑張ってください。