削蹄鎌の研ぎ方⑦

こんばんは。
田中畜産の田中一馬です。

今日のブログも削蹄鎌の研ぎ方です!
こんなマニアックなテーマ、読む人少ないよねと思っていたら、
「待っていました!!」とか「面白いです!」とか「勉強になります。」とか色んなコメントをいただき驚いています。

今日は両刃を研ぐときの削蹄鎌の待ち方です。
簡単なので一回見るだけで大丈夫です。





ね、簡単でしょ!

簡単だけど、鎌をぶらさない(角度を固定する)のが研ぐ基本。
ちょっとした事の組み合わせで研ぎ方はぐっと安定しますよ。

(続く)


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。