牛が簡単におとなしくなる「くつわ」という道具

こんにちは。
但馬牛繁殖農家のお肉屋さん、田中畜産の田中一馬です。
よく日常で「牛が暴れてかなわんよ!」ってシーンありますよね!
そんな時に役立つのがくつわです。

「くつわ」という道具

これがくつわ↓↓↓
いったいどうやって使う道具なのでしょうか?
楽しく学ぶためにクイズ形式で考えてみましょう!
IMG_9115333


では、3択いくよー!!

①牛を釣る(ペロッ)
釣竿のように垂らすことで、暴れる牛の気を引きます。
牛はペロペロしているうちに落ち着いちゃうという作戦。
IMG_9559333


②鼻輪に引っ掛ける。
(ヒィィィー!)
鼻輪にかけることで牛を興奮させ、暴れるためのエネルギーを前倒しで消耗させる作戦。
IMG_9570333


③口の中に入れる
(モグモグ。。。)
口の中にくつわを入れ、くっちゃくっちゃと噛んでいる間に作業をする作戦。
IMG_9518333
さあ、どれでしょう?
わっかるかな~。。。

くつわの使い方

はい、時間無いのでサクッと正解を言いますね!

そう、くつわとは牛の口に入れて気を紛らせる道具なんです。
くつわは「はみ」や「ガム」「かませ」などと呼ばれたり、「モーうごかん」なんて名前で商品化されているものまであります。
販売されているものはほとんどが板状ですが、僕はよく噛むチェーンタイプが使いやすいかなって思います。
親子両方使えるしね。(板は親牛用と子牛用のサイズがある)
神経質な牛ほど効果抜群ですよ!!
中には噛まない牛や、噛んでいるくせに蹴る牛、くつわを嫌がってこける牛などもいますが、基本的にどんな牛でもいけます。

一家に一個、くつわ生活

僕が牛飼いを始めた14年前はまだくつわはありませんでした。
初めて見たのは7年ほど前。
当時は「くつわなんて邪道だよ!!技術が無いやつが使うものだ!!」なんて言ってましたが、今ではなくてはならない道具になっています。
治療、種付け、削蹄、子牛を蹴る親牛の授乳時に抜群の仕事をしますし、半永久的に使えます。
たかがくつわ、されどくつわ。
一家に一つは必需品です!!
13241380_10204857030140301_5079709449367896695_n
こちらから買えますよ~。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。