佐津海岸で牛を探そう!!

こんにちは。
毎日本気で暑いですね~。

だけど、暑いのが大好きな田中畜産の田中一馬です。

汗だくが大好きな田中畜産の田中一馬です!

13900109_10205306497456703_7054210189381733106_nいつもは削蹄スタイルでの投稿が多い僕ですが、実はこちらが本業。
って、そんなことみんな知ってますよね~(笑)

妻だけじゃなく、僕も牛飼いだって。

知って、、、ますよね??

忙しくても楽しもう!!

そんな暑いの大好きな僕も、昨日の削蹄では汗が止まり熱中症になりかけました。

ほんと、過信しちゃダメですね。

キャプチャfgn

おかげさまで早めに休んだので、今日はガンガン汗が出て調子がいい。

やることは山盛りある。
忙しいのは当たり前。
牛飼いに休みが無いのも当たり前です。

特に最近は今年一番の出産ラッシュで、毎日毎日子牛が生まれています。
牛の場所を確保するのにバタバタ。
小さい子牛が多いので結構ピリピリしています。

でもね、いちいち忙しさや休みの無さを嘆いていたら365日楽しく無いよね。

だから「あーー!!!忙しいよーーー!!!」って言いながら笑えたら、それで万事良いと思うんです。

という事で、僕、大変忙しいのですが、今日も海水浴に行ってきました!!

海水浴は佐津海岸

僕の住む但馬地域はとてもきれいな海があります。
その一つが佐津海岸

但馬地域の海水浴シーズンは1か月もありません。
行ける時に行くのが但馬の夏を楽しむ鉄則です。

僕もまだ今年は3回しか海水浴に行っていないので、お盆までにあと5回は行きたいと思案中です。

こんなに海にハマったのは佐津海岸と出会ったからなんですね。我が家から車で15分。

とにかく、いつ行っても、めっちゃきれいなんです!!!!!

その秘密はこの砂浜。
砂でなくて大粒の礫(れき)のため、海が濁りにくいとのこと。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
では、今日はこの地元にある海水浴場の魅力をお伝えしますね!!!
1390
「おとうさーん!!たすけてーーーーーーー!!!」と叫ぶ次男。
遠浅ではないので子供はすぐ足がつかなくなります。
実はこれも海が透明な理由の一つ。

足がつかなくってもライフジャケットがあれば安心です!!
ん?あなた、足つくよね・・・

1384

風呂で日々練習し、上手くなった長女(7歳)
透明度が高いので深くても視界がよく、パニックになりにくいのもここの特徴。
これ以外と大事です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

粗削りながらも姉を追う長男(5歳)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、コアラのようにしがみつく次男(3歳)
1387

今年初めてライフジャケットを買ったけど、コレすごくいい!!
海水浴に必須です!!!子供がガンガン泳げるうえに常に浮くので安全です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海の中でも安定のインカメ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、3ショット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とはいえ、やっぱりキツイわ。。。と長男。
1385

一方、姉は遠方のイカダまで泳ぎ切りました。
すげーな!!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

甘えんぼ次男はこんな感じ。
まあ、3歳だしね。
1386

ちょこっと顔を浸ければ魚がいっぱいです!!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

触れるくらい近くにたくさんの種類の魚。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メデューサだっているし。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAほんとうに素敵な海水浴場でしょ!!

・・・・え?牛飼いと関係ないって???遊んでるだけだって???

大丈夫!!海にはこいつがいます。

はい!!ウミウシです!!!
1393・・・・・・・・・・すんません、遊んでいただけです。
こんな日も大切だよね。

てへぺろ。

おまけ

昼ごはんは佐津海岸横のCafé&bar MINAMI
いつもはロコモコだけど、今日は新メニューの冷製パスタを注文しました。
1383
夏にぴったりのパスタ!!
特製焙煎のアイスコーヒーと一緒がオススメですよー!!

香住へ海水浴に行ったときには是非パスタを食べて、ウミウシを探してみてくださいね。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。