牛の顎パワーを侮るなかれ。

こんにちは!!
但馬牛繁殖農家のお肉屋さん、田中畜産の田中一馬です。

今朝、妻がトウモロコシの茎についてのツイートをしていました。

キャプlknチャ

トウモロコシの茎は堅かった。。。

このトウモロコシは、近くに住む父が作ったもの。
先日子供たちと採りに行ったんですが、とても甘くて美味いトウモロコシでした。
1429
残った茎と葉は牛たちの餌になります。

僕の目の前で、美味そうに食べる牛たち。

茎も美味しいのかな?
いや、まぁ、茎だしね。。。。

と、言いながら僕もかじってみました。。。。。

ん?甘いよ!!!!!

甘いけど、硬ーーーーー!!!

硬すぎて噛めないヨーーーーーーーーー!!!!

これを牛は食べられるんだよね。。。
なかなかやるもんだ。

牛の歯を見てみよう

牛の歯って見たことありますか?
牛って上の歯が無いんです。
ほらね。
IMG_3349
これって知っている人も多いですよね!!!

でもね、上の歯が無いのは前歯だけ。

奥歯は上下しっかりあります!!!

前歯は生えている草を切り取る役目、奥歯は切り取った草をすり潰す役目なんです。
(写真左3本が前歯、残りが奥歯)
1432

この歯の能力を最大限に活かすのが顎の力

強力な顎の力と、硬いエナメル質の奥歯でどんなものでもすり潰してしまいます。
間違えて指なんか入れちゃうと。。。。潰されます。。。
1431

牛の顎パワー

ではでは、僕では歯が立たなかったトウモロコシの茎。
どうやって食べるのか見てみましょう。


・・・・・・・・・・・・・・よ、余裕かよ!!!!!

牛ってすごいよね!!!!!

しっかり噛んでご飯食べよう。
そんなことを思った2016年夏でした。

さあ、歯磨きして寝よっかな。
image


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。