だから今日も僕は牛を飼います。

こんにちは。
但馬牛繁殖農家のお肉屋さん、田中畜産の田中一馬です。

夏休みの最終日。
片道3時間かけて神戸市立王子動物園に行ってきましたーーー!!
家が動物園みたいなもんだけどね。。。
1561

子供の頃になりたかったもの

僕は小さい頃から動物や昆虫が大好き。
実は高校の時の夢は動物園の飼育係だったんです。
大学で牛と出会ってシフトしたけど、当時はカバとナマケモノが好きだった。
1566

年に1~2回しか行けないけれど、僕にとっての原点でもある王子動物園。
ここに家族で行く事が1年の楽しみになっています。

1562

1579

1580

1581

1567

1571

1568

1578

1570

1572

動物園の飼育係にはなれなかったけど、気がつけば牛飼い(&削蹄&牛肉販売)という形で子供の頃の夢は形になっている。

僕は夢は叶えることができるって思っている。
だけど、いきなり形になんてならないよね。

今50頭規模の和牛繁殖経営をしようと思ったら、初期投資だけで5,000〜6,000万円くらい必要です。
僕の場合、15年前に200万円の借金をして軽トラと3頭の妊娠牛を揃えるところから畜産経営を始めました。

当然これじゃ全然食っていけない。
だけど、生きていく以上どんな形でも進むしかない。
その時に出来ることを突き詰めてやる事でしか、前には行けない。
悩む事は多くても、やる事はシンプルなんすよね。

最初の夢と形が変わってくるのは当たり前。
やり続けていくから変わるんです。
自分らしい形になる。
それが自然なんだと思う。

あ、自分らしい形って思い通りになるってことじゃないからね。

だから今日も僕は牛を飼う

生き物を飼う仕事に休みはありません。
動物園から帰ったらすぐに牛飼いです!!

その時に出来ることを突き詰めてやる事でしか、前には行けない。

だから今日も僕は牛を飼います。

キャプチャ

さあ、9月、10月、11月、12月と1年で一番突き抜ける時期に入りました!!

スケジュールに押し潰されそうなプレッシャーを感じつつ、1日1日を大切に積み重ねていきたいっすね。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。