削蹄鎌

削蹄に使う鎌が届きました。
鎌の使い方や砥ぎ方と言った技術は基本ですが、道具も大事な要素です。
道具の使い方は人それぞれ癖があります。
なので、鎌は自分が使いやすいように特注しています。

この削蹄鎌、一般的には片刃が主流なのですが僕は両刃を使っています。
削蹄の競技会など「魅せる蹄」では片刃の方がむいているとおもいます。
でも、現場では両刃の方が使いやすいです。
メンテナンスも簡単ですしね。

僕の使う鎌は両刃でも刃長10cmの大鎌です。
大鎌は硬い蹄にはむいていませんが、使い慣れると負面(蹄の地面に設置する面)が少ない回数で作れるので重宝しています。

新品はこんな感じ。
d0099005_22435243
使い込んだ鎌はこんな感じです。
d0099005_22435744
どちらが良いという訳ではなく、用途によって使い分けています。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。