見えると分かるは違う!牛専用の目を手に入れよう。

こんにちは。
但馬牛繁殖農家のお肉屋さん、田中畜産の田中一馬です。

先月末に牛にやられたムチウチ。
なんとかパソコンのキーボードが打てるようになってきました!!
でもまだまだ削蹄は無理、放牧場の電柵張りももう少し先になりそうです。

思い返せば2週間前の5月1日。
削蹄の帰り道に息が出来ないくらいの痛みが走り、運転も出来なくなりました。
パンツ1枚上げるのも子供に頼む生活。

その痛みのまっただ中、僕は何故か、山にいました。

実は息するのもつらかった。。。

放牧場の状態を見に来るという名目で、

雪の残る山に上がった本当の目的は、

山菜っす。。。

いや、これネタじゃなくて至って真剣。

僕は山菜が大好きです。
ライフワークと言ってもいい。

秋にはキノコとかね。

15年前、就農してお金がなかった僕は、山に入って山菜を採っては食べていました。
コシアブラを炒めるだけでそれはもう立派なおかず。

生活と山菜が直結していた僕は、車を運転していても目的の山菜を見つけることができます。

実は僕、山菜の目を持っているんです。

専門の「目」を持とう

山菜の目とは、山に生える数ある植物の中から食べられるものを発見する「視点」の事。

山菜にピントが合うという表現がしっくりくるかも。。。

この山菜の目に切り替えるには「山菜を採るぞ!!」って言う意思が何より大切です。
なんとなく歩いていても、情報がたくさんありすぎて目的の物は見えてこない。

これって牛飼いでも同じです。

ただ漫然と牛舎を歩いていても、どれだけ長時間牛舎にいても、牛の変化には気が付けません。
調子の悪い牛はいないか、発情している牛はいないか等々、目的を持つことで牛飼い専用の目は作ることが出来ます。
そしてこの目の精度が牛の出来を決める。

牛の変化には気がつける人と気がつけない人の違いは、見ている視点の違いです。
言い換えれば意識と知識の差。

だから僕らは「目」をとても大切にしています。
目は重要な技術です。

例えばこの映像。
見るからに元気な子牛ですが、40度の熱がありました。
意識するからこそ読み取れる情報ってたくさんあります。

この専門の目を身につけるには2つの条件が必要です。
①何を知りたいのか意識する事
そして、
②正しい知識を持つこと

どちらが欠けても正しい姿は見えてこない。

人の目はたくさんの物を認識しています。
何気なく見ているだけでは気が付かないことの方が圧倒的に多い。

専門の目は意識するとこから。

どんなことでも一つ意識するだけで、見えてくるものがグッと変わる。
僕はもっともっとディープな牛の世界を覗ける目を作っていきたい。
そう思ってしまうほど、牛の世界は深くて広くて面白いんです。


The following two tabs change content below.
田中 一馬
1978年生まれ。兵庫県三田市出身。田中畜産代表。小さい頃から動物が大好きで北海道酪農学園大学へ入学。在学中に畜産の魅力に目覚め、大学院を休学して2年間畜産農家で住み込みの研修に入る。2002年に独立して田中畜産を設立。但馬牛の子牛生産をメインに、牛の蹄を切る削蹄師として全国の牛の蹄をサポートをしている。2008年に精肉部門を立ち上げ、自家産の但馬牛で放牧牛肉の生産と販売に挑戦中。
コメントの入力は終了しました。